用途に合わせた耐久性のフロアコーティングを行う

フロアコーティングは耐久年数がとても長くなっているものも出てきていますが、建て替えや引っ越しを計画されている人にとっては無駄になってしまうので、安価で見栄えがしてある程度耐久年数があるものを選んだ方が損をせずに済みます。


20年以上長持ちするのUVコーティングは、ウレタン樹脂が主成分のコーティング剤が用いられ紫外線をあてて硬化させる方法が使われます。
ウレタン樹脂の濃度が高いほど光沢が出てツヤが高級感を感じさせますが、あまり光沢がありすぎるとかえって見た目の印象を悪くしてしまう恐れがあるので、インテリアなどの雰囲気があうように調整を行ってもらうことが望ましいです。

傷に強いフロアコーティングを望むのであれば、塗膜の硬度が8Hから9Hくらいまでになるガラスコーティングが適しています。

ペットを飼っていて床が傷だらけになることが心配だったり、椅子など家具の移動で傷をつけたくない場合に用いると良く、透明度が高い美しい仕上がりが期待でき、耐久性も20年前後あります。

最新の東京のフロアコーティングの情報サイトへお越しください。

短い期間だけ保護したい人に向いているのがシリコンコーティングで、撥水性や耐熱性、撥油性などに優れているのでキッチンの床にも向いています。

耐久年数は10年ほどが多く、業者によってはもっと長く保証を謳っているところもありますが、基本的には長く住む家に用いる場合にはメンテナンスが必要になると考えていたほうが良いです。

価格も安く2年程度の耐久年数のアクリルコーティングは、ワックスよりも少しだけ長持ちなフロアコーティングと考えておくと良いです。



剥がしやすいのでほかのフロアコーティングに変えたいときにはすぐに変えられますし、短期間だけ住む家に使うのに適しています。

本物のマイナビニュースについて悩んでいませんか。