フロアコーティングの種類と特徴

フロアコーティングには様々な種類が有ります。


それぞれに特性が有るためその特性を理解して家の材質や用途に合ったものを選ぶことが大切です。

フロアコーティングに関する耳より情報です。

一般的に良く行われるのはシリコン素材をコーティングする方法です。

シリコン素材はその性質が非常に柔らかく床に浸透するため、比較的不馴れな人でも均等に仕上がるのが特長です。

ガジェット通信情報収集ができます。

その為、DIYで行うには適している素材でもあり、比較的安価に施工できるフロアコーティングの方法です。但し、シリコンコーティングは材質が柔らかい為摩耗などもしやすく、耐用年数は1年から2年ともいわれています。ガラスコーティングはガラス樹脂が含まれた素材をコーティングする方法で、シリコンコーティングに比べ表面が硬くなるのが大きな特徴です。

光沢が増す半面、表面が硬く滑りやすくなるので、子供等がいる家庭では転倒などに注意しなければいけない欠点があります。

但し、傷などがつきにくくなるので家具などを置く場所には適した方法です。



しっかりとしたフロアコーティングを行いたい場合にはUVコーティングという方法が有ります。これは特殊なコーティング剤を紫外線で固める方法で、施工に際して時間が掛からずに行えるほか、表面が非常に硬くなるという特徴があります。

しかし、紫外線で強固に固める方法のため木製の床の場合にはひび割れや変色が起こりやすいこと、コーティング剤が厚く固いので転倒などには十分な注意が必要になることなどが有ります。