人の出入りが多い部屋に適したフロアコーティング

リビングやキッチンなど人の出入りが多い部屋は、短期間でフローリングに多数の傷が付いてしまう事も少なくありません。


一度傷が付いてからフローリングを補修するのは大変ですから、フローリングに傷を付くのを防ぐ目的でフロアコーティングを利用してみましょう。



傷対策に適しているのはウレタンコーティングというもので、摩擦で付いてしまう傷に対して、とても強いフローリングを作り上げる事ができます。

ツヤが控えめなフローリングにしたい人にもウレタンは向いており、光の反射を抑えながら、耐久性を高められるコーティング技術として評価が高いです。

フローリングにウレタンを塗布してから、乾くまで二日から三日ほどかかってしまいますが、水溶性の樹脂を使っているために臭いは気になりません。

施工が始まってからフローリングの臭いが気にならないか心配という人は、まずはウレタンのサンプルなどを業者に見せてもらいましょう。

臭いの少なさを確認してからフロアコーティングを施してもらえて、対応の良さに満足しながら施工を終えられます。

NAVERまとめの情報を得られます。

スリッパを履いていると知らないうちに、スリッパの裏側に小さな石が挟まっていて、その石が原因でフローリングに擦り傷を付けてしまう事も珍しくありません。

フロアコーティング関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

乾いた米粒なども床に傷を増やす原因になってしまったりと、自力でフローリングの傷を防ぐのは難しいからこそ、フロアコーティングを頼っておきましょう。


ウレタンは価格も高価なものではないので、広い部屋にも施工を受けやすいという利点もあります。